現在のがん治療、または従来のがん治療にお悩みの方へ

 

新たな治療薬の発見に期待!
がんゲノム医療というがん新時代へ

「がん」は様々な遺伝子の異常が積み重なることで発症し、その遺伝子の異常は個々の患者さんごとに異なることが近年の研究により判ってきました。

がんゲノム医療とは、一人ひとりのがんの個性(原因)を明らかにし、患者さんにより適した治療薬の情報をご提供する次世代のがん治療です。 遺伝子レベルでご自身のがんを知ることは、治療薬などの治療方針の選択に役立ち、副作用の軽減や病状の緩和などが期待できます。

 

網羅的がん遺伝子解析「プレジション検査」

網羅的がん遺伝子解析「プレジション検査」

網羅的がん遺伝子解析「プレシジョン検査」は、患者さんのがんの診断や治療に役立つ情報を得るために、一度に複数の遺伝子変化を調べることができる解析技術を用いた検査です。

がん遺伝子の検査結果から、ご自身のがん原因遺伝子が何なのかを知り、より適した治療薬の情報を得ることができます。

こうした検査の結果で推奨される薬剤には、保険診療が適用される一般の抗がん剤や分子標的治療薬に加えて、現在臨床研究中(治験中)の薬剤や保険適応外の多種多数の薬剤が含まれます。

島根大学医学部附属病院では、慶應義塾大学病院、岡山大学病院、九州大学病院と連携し、がんゲノム医療を実施しています。

 

対象となる患者さん

病理組織学的検査により、がんと診断された方

病理組織学的検査により、がんと診断された方

 

がんに罹患しているかどうかを調べること(スクリーニング、検診)は出来ません。

また、遺伝性のがん(遺伝性乳がん卵巣がん症候群、遺伝性大腸がん等)に罹患する可能性についての検査を希望される場合には、結果説明時に遺伝カウンセリングの受診が必要となります。

 

確率

 

多段階発がんの仕組み

 

島根大学医学部附属病院はがんゲノム医療連携病院です

平成30年4月1日現在、厚生労働省より指定された「がんゲノム医療連携病院」は全国で100施設、島根県では島根大学医学部附属病院のみが指定されています。

 

がん遺伝子検査で分かること

がん遺伝子検査で分かること

 

検査時の注意

  • がんゲノム医療の検査を利用しても、がんの診断や治療に有用な情報が何も得られない可能性があります。
  • がんゲノム医療の検査は、治療効果が期待できる治療薬の情報を提供しますが、その治療薬の治療効果を保証するものではありません。
  • がんゲノム医療の検査で、がん細胞で起こっている遺伝子変異に対して効果が期待される薬剤が見つかったとしても、そのがんに対して承認されていない場合、薬剤の入手が出来ない、あるいは投与が出来ない可能性があります。また、治療費は自己負担となります

がん遺伝子検査で分かること